So-net無料ブログ作成
検索選択

<タクシー火災>男性の死因は焼死 神奈川県警が発表(毎日新聞)

 神奈川県藤沢市で24日夜、路上でタクシーが燃え、車内から男性の遺体が発見された火災で、県警は25日、男性の死因は焼死と発表した。遺体は激しく燃えていたが、ほかに目立った外傷はないという。県警は、死亡したのは車の所有者である同県横須賀市の個人タクシーの運転手(56)とみて、身元の確認を急いでいる。

 県警によると、後部座席付近からは油成分が検出された。肺には、すすが確認され、出火時は生存していたとみられる。運転席の足元には熱で溶けた車の鍵束が落ちており、左側の前後のドアの鍵は開いていたという。自殺の可能性もあるとみて調べている。【中島和哉】

【関連ニュース
火災:民家全焼 2人死亡 山形・鶴岡
火災:長屋全焼 住人の69歳女性?死亡 さいたま
火災:住宅2棟焼く 焼け跡から遺体 名古屋・中村区
火災:棟続き2軒全焼、男性が死亡…名古屋・西区
火災:民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名

取り調べの違法一部認定 大阪高裁(産経新聞)
10分5億円PR映像、JOC会長「必要経費」(読売新聞)
小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
初動対応の遅れ、農水相に責任=口蹄疫拡大―社民幹事長(時事通信)
皇太子さま、シンポご出席(産経新聞)

車田 始まりは鎌倉時代 岐阜・高山で田植え(毎日新聞)

 車輪のように丸い水田「車田(くるまだ)」の田植えが16日、岐阜県高山市松之木町の農業、平野正雄さん(83)所有の車田で行われた。新緑の野山に「ここの田んぼは角のて丸て」と田植え歌が響く中、編みがさ姿の車田保存協力会の会員9人が、餅米の苗を車田の中心から外側へと植えていった。

【写真特集】美しい水田の風景も 空からみたニッポン 風景

 同市文化財課によると、車田は鎌倉時代に始まったとされ、現在残るのは高山と新潟県佐渡市の2カ所のみ。約4.2アールの車田の中心にくいを立て、同心円状に輪を描くように線を引いてから苗を植えた。9月中旬には約200キロの餅米の収穫が見込まれ、一部は伊勢神宮に献上する。平野さんは「車田の伝統をずっと守っていきたい」と話した。【宮田正和】

【関連ニュース
<水田>幻想的な水田の写真
<水田>高校生が棚田でファッションショー
<水田>美しい写真 田んぼのヒガンバナ
東大寺:東塔復興に向け近く発掘調査

赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
韓国から実行役の入国手引き? 窃盗団の“主犯格”逮捕(産経新聞)
<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
仙谷・前原氏「政倫審公開を」=小沢氏出席を評価―閣僚(時事通信)
廃棄物業者を逮捕 8400万円資産隠し疑い 大阪地検(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。